HIV PREVENTIVE MEDICINE

HIV予防薬

HIV PREVENTIVE MEDICINE

HIV予防薬

PrEP Pre-Exposure Prophylaxis = 曝露前予防内服

HIVに感染するかもしれない行為の前と後に薬をのみ感染リスクを下げる方法です。性別やセクシュアリティに関係なく誰にでも可能で、特にHIV感染リスクの高い性行為をする人にすすめられています。現在PrEPとして使用されている薬は、HIVの治療で使われるツルバダとデシコビという薬です。

効果についての研究結果

  • 海外

    MSM(男性と性行為する男性)で99%感染リスクを下げる(推計)

  • 日本

    MSM 124人を対象としたデイリーPrEPの処方、2年間の追跡でHIV感染の報告なし(国立国際医療研究センターのデータ)

2通りの使い方

PrEPの飲み方

HIV予防薬を誰がどれを使えるかの表

誰がどれを使えるか

①ゲイ/バイ男性か異性愛男性、またはホルモン治療なしのトランス女性(MtF)で ②ツルバダでデイリーPrEPをしている

中止したいとき

●デイリーPrEPは、ツルバダでもデシコビでも、リスクのある行為から7日間服用することで安全に中止できます。 ●次の二つの条件がそろう場合は、最後のリスクのある行為から、24時間後と48時間後に1錠ずつ服用することでも安全に中止できます。

再開したいとき

基本的に、最初に始めたときと同じように、HIV検査を含め、始める前に受けたすべての検査を受けるところから始めます。

PrEPの費用

PrEPジェネリック

1ヵ月セット<デイリー・オンデマンド> 8,800円(税込)

薬30錠+血液検査(HIV・B型肝炎・腎機能)

3ヵ月セット<デイリー・オンデマンド> 20,000円(税込)

薬90錠+血液検査(HIV・B型肝炎・腎機能)

・毎日決めた時間に1回飲みます。食事などの影響も受けないので自分に合った時間を決めてください。ただし、決めた時間から前後1時間以上ずれないように飲みましょう。

・飲み忘れたことに気づいたらすぐに飲んでください。翌日からはいつもどおりの時間に飲んでください。

・短期的には、吐き気、腹痛、下痢、頭痛、皮疹などの症状が出ることがありますが、症状は軽く数週間でおさまります。つらいようでしたらいつでもご相談ください。

・デイリーPrEPは、正しく服用すれば、99%HIV感染を予防すると言われています。ただし、PrEP開始前にHIV感染しており感染がわからなかった場合や、PrEP薬を正しく服用できなかった場合は、PrEP開始後にHIV陽性となる場合もあります。

予約する